レディ

手軽に高級なコーヒーを楽しむ|ジャコウネココーヒーの魅力を紹介

世界一高価なコーヒー豆

コップを持つ手

おいしい飲み方

ジャコウネココーヒーは、ジャコウネコのフンから採取された貴重なコーヒー豆です。ジャコウネココーヒーは希少価値の高い商品ということもあり、高いもので1杯につき5,000円ほどのたいへん高価なコーヒーです。ジャコウネコは草食性で果物を主食にしていることから、コーヒーの実を食べたジャコウネコのフンに嫌なニオイなどはなく、コーヒーのような香ばしい香りがします。コーヒー豆はジャコウネコの体内で発酵されて、排泄されます。コーヒーの果実は、ジャコウネコの体内で消化されますが、未消化のタネだけ排泄されるということです。ジャコウネココーヒーの作り方ですが、ジャコウネコのフンは、キレイに洗われて天日干しされます。天日干ししたコーヒー豆は、皮をむかれて焙煎されます。コーヒー豆は、非常にやわらかいことから機械でむくことができず、人手が必要ということからこのような高価格となってしまうのでしょう。インドネシアでは、ジャコウネココーヒーを飲む際に、コーヒーミルで豆を挽いてから、コーヒーカップにティースプーンで1杯ほど入れて、お湯を注いでかきまぜます。日本のコーヒーはかきまぜたらそのまま飲みますが、ジャコウネココーヒーはお湯を注いだ状態でしばらく待って、粉がコーヒーカップの底に沈殿するのを待ち、上澄みを飲みます。現在は、ジャコウネココーヒーが知られるようになったことでジャコウネコの繁殖が進み、コーヒーの単価は下っているということです。