レディ

手軽に高級なコーヒーを楽しむ|ジャコウネココーヒーの魅力を紹介

世界で一番高級

コーヒー

幻のコーヒーを求めて

映画に使用され、いっとき我が国でもブームになったジャコウネココーヒーは、インドネシアのスマトラ島の西部が発症の地です。19世紀オランダ人が作ったコーヒーの木のプランテーションで、現地に生息している野生のジャコウネコがコーヒーの実を食べるようになりました。彼らは完熟したおいしいコーヒーの実を好みました。そのフンから採取されたコーヒーの種を良く洗って焙煎したのがジャコウネココーヒーです。ジャコウネココーヒーの特徴は、その独特の芳香と風味にあります。ジャコウネコは香水の原料に使われる酵素を持っており、その体内を通過して発酵したコーヒー豆には、自然と最高の味と香りが加味されているのです。ジャコウネココーヒーの、コーヒーなのに紅茶のようにサラリとしたノド越は、癖がなくどんな年代の方にも喜ばれます。苦味とのバランスと調和した抑えられた酸味による深いコクと味わい。まろやかでたいへんに口当たりの良いコーヒーです。滅多に飲めない希少なコーヒーですが、あっさりしているのに深みがありまた飲みたくなると、リピーターがあとを絶ちません。ジャコウネココーヒーは本来、野生のジャコウネコから採取するため滅多に口にできませんでした。しかし、今ではインドネシアで飼育による物も流通しているため、ネット上で簡単に購入することができます。アラビカ種のコーヒー豆で出来たジャコウネココーヒーが高級とされています。できれば豆を空輸して小分けにして保管し、そのつど挽いて飲めば香りが長続きします。本場インドネシアでは、パウダー状に細挽きされたジャコウネココーヒーをそのままカップに入れ、お湯を注いで沈んだところを上澄みだけ飲みます。このように皆が絶賛するコーヒーの最高峰ジャコウネココーヒーを、一度は味わってみる価値があります。